歯周病を予防する7つの方法

imasia_319334_M

歯は大切です。
高齢になっても自分の歯が残っていれば?
認知症になりづらい!
そこで歯の大敵である歯周病の予防法について考えてみましょう。

・歯周病を予防する7つの方法
1.良い歯ブラシを選ぶ
2.歯磨き粉を選ぶ
3.正しい歯磨き法
4.食べ物に気を付ける
5.栄養状態を整える
6.禁煙
7.生活習慣を見直す

では具体的に解説してみましょう。
1.良い歯ブラシを選ぶ
人それぞれ拘りはあるでしょう。
それでも歯医者さんと相談して、良い歯ブラシを選びましょう。
基本は堅すぎず柔らかすぎずです。
堅い歯ブラシは?
歯茎を傷付けて歯周病の原因を作ってしまいます。
逆に柔らかい歯ブラシは?
汚れを取り除けない!
また先が直ぐに曲がってしまい効果が低減します。
一方で細い部分も必要です。
つまり歯と歯茎の間を掃除するためです。
歯周病を予防するためには?
第一に良い歯ブラシを選びましょう。

2.歯磨き粉を選ぶ
歯ブラシと同様に、歯磨き粉を選びましょう。
薬局へ行けば?
様々な種類の歯磨き粉が売られています。
個々の商品によって拘りの効能が提示されていますが?
基本的にフッ素入りの歯磨き粉が良さそうです。
歯の強度を高めてくれるようです。
また研磨剤の含まれていないタイプを選びましょう。
歯を傷付ける要因です。
こちらも歯周病を予防するためには?
歯医者さんと相談するのがベストです。

3.正しい歯磨き法
最高の歯ブラシと歯磨き粉が揃っても?
歯磨き法が間違っていれば?
宝の持ち腐れ!
ブラッシングの基本を歯医者さんに教わりましょう。
つまり1本ずつブラッシング!
横向きにゴシゴシは?
歯や歯茎を傷めます。
歯と歯茎の間に注意し、マッサージの要領です。
また歯磨き粉は控えめに!
多ければ良い?
ではありません。

なお歯磨きはいつする?
食後30分程度経過してから!
食後直ぐは?
食べ物によって歯が弱っている?
少し落ち着いてからが望ましいようです。
そして歯磨き後は?
最低1時間は水以外を飲食しない!
せっかく歯をコーティングしたのに?
意味がなくなります。
歯周病を予防するためには?
正しい歯磨き法を会得しましょう。

4.食べ物に気を付ける
歯周病は?
歯茎にできた微細な傷から広がる?
多々あることです。
そういう意味では?
歯周病を予防するなら?
食べ物に気を付ける!
すなわちある程度の年齢になれば?
堅い食べ物を控える!
若い間は?
顎の骨や筋肉を発達させるために、堅い物を食べる習慣が不可欠です。
しかし中年を過ぎれば?
歯周病予防の方が大切!
堅い御煎餅やつまみ系?
控えるに越したことはないでしょう。
また口内炎などがあれば?
悪化を予防するためにも?
辛い物など刺激物の摂取は止めましょう。

5.栄養状態を整える
外見だけ良くても?
中身が弱っていれば?
意味がありません。
つまり歯周病を予防するためには?
身体の内から強化する!
日々栄養状態を整えましょう。

歯茎の炎症を抑える!
また炎症を予防するためには?
ビタミンやミネラルが不可欠です。
そういう点からは?
偏食しない!
緑黄色野菜や魚介類を積極的に摂取しましょう。

なお口内炎から歯周病に移行する可能性も否めません。
口の中は健康のバロメータです。
早めに察知して栄養状態の改善に活かしましょう。

6.禁煙
喫煙によって生じた有害物質を分解するために?
多量のビタミンCが使われるようです。
本来ビタミンCは?
別の代謝に使いたい!
しかし喫煙によって使えない!
すると?
身体の各所で炎症が生じやすくなる?
また喫煙によって血行が悪くなる!
すると?
細胞が弱ってしまう!
ここから歯周病も当然、罹りやすくなるし治りにくくなる!
これらを予防したければ?
今すぐ禁煙です。

7.生活習慣を見直す
人間の身体には免疫機構があります。
病原菌が満ち溢れていても病気にならない理由は?
免疫が頑張っているからです。
もちろん免疫作用を高めるには?
1日3回正しく食べる!
禁煙する!
ストレスを溜めない!
一方で生活習慣を整える!

人間は高度に進化している?
とはいえ案外原始的なままです。
規則正しい生活をしないと?
心身共に負荷がかかります。
そこから免疫力が低下し?
本来なら何でもないことで炎症が起きる!
治らない?
悪化していきます。
歯周病も例外ではありません。
歯周病を予防したい?
現に悩んでいるなら?
生活習慣を見直してみましょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
何歳になっても歯がしっかりしていれば?
健康で暮らせます。
そのためにも歯周病を撃退!
頑張ってみましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP