歯槽膿漏を予防する5つの方法

pixta_16769848_M

歯槽膿漏?
昨今は歯周病とも呼ばれます。
この歯槽膿漏は老化現象?
いえいえ歯槽膿漏は予防できます。

・歯槽膿漏を予防する5つの方法
1.正しい歯磨き
2.禁煙
3.よく噛む
4.生活習慣を整える
5.定期検査を受ける

では具体的に解説してみましょう。
1.正しい歯磨き
歯槽膿漏を予防するには?
正しい歯磨き法を身に付けましょう。
歯ブラシは堅すぎず柔らかすぎず!
堅いと歯茎を傷付けてしまいます。
また歯茎と歯の境界を意識して磨きましょう。
しかしゴシゴシ力を入れると?
これも歯茎を傷める原因です。
歯も削れてしまいます。

一方で研磨剤を含まず、逆にフッ素を含んだ歯磨き粉を選びましょう。
さらに食後30分程度してから歯を磨く!
磨いた後は最低1時間飲食しない!
面倒くさい?
歯槽膿漏に罹った方が面倒くさいと思います。

2.禁煙
タバコを吸うと?
血行が悪くなる!
歯茎に栄養や酸素が行き渡らないので?
歯槽膿漏が悪化する!

それと併せて?
タバコはどこで吸う?
口です。
直接タバコの煙が口内環境を乱す!
これが歯槽膿漏の原因でもあります。
歯にこびり付いたヤニや黄ばみは簡単に落ちません。
そういう意味でも禁煙!
歯槽膿漏の予防には不可欠です。

3.よく噛む
歯槽膿漏だと上手く噛めない?
しかし歯槽膿漏だからこそよく噛みましょう。
歯槽膿漏を予防するためにも?
よく噛む習慣を付けましょう。

噛むことにより唾液が分泌されます。
唾液には殺菌力があります。
虫歯や口内炎、歯槽膿漏の原因になる病原菌類の増殖を抑えてくれます。

そういう意味では?
砂糖を含まずフッ素やキシリトールを含んだガムを日常的に噛む!
歯槽膿漏のみならず口内炎や虫歯の予防にもつながります。

4.生活習慣を整える
歯槽膿漏は歯の病気?
それでも身体全体が関係しています。
歯が悪いと消化器系も悪くなる?
どちらに転んでも悪循環が続きます。
そこで?
生活習慣を整える!
規則正しい生活。
栄養バランスのとれた食事。
適度な運動!
良いサイクルに身体を慣らせば?
免疫力が高まるので、歯槽膿漏の進行を抑えたり新たな発症を予防してくれます。
生活習慣を整えて早寝早起きに徹すれば?
ストレスや疲れも軽減!
健康な生活へと好循環に変わるでしょう。

5.定期検査を受ける
歯槽膿漏を予防するには?
歯医者さんで定期検査を受けましょう。
最低1年に1回!
可能ならば3カ月に1回のペースがベストです。
虫歯のチェックと併せて?
上手く歯磨きできていない部分などを教えてもらいましょう。
歯槽膿漏は早期発見が重要です。
口の中を見れば?
その人の健康状態がわかるものです。
身体の病気予防にもつながります。

以上、日々心掛けてみましょう。
歯槽膿漏はインプラントへの入り口です。
インプラントすらもできない状態に陥らないように?
小さな努力を続けましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP