歯磨き粉について

ここ数十年の間、歯磨きの正しいやり方?がいくつか登場しています。
しかし実際にインプラントのお世話とならないような適切な歯磨き法とは、どのようなものでしょうか?
歯磨き粉をたっぷり付けて硬い歯ブラシでゴシゴシ擦る?これはご法度です。
逆に歯磨き粉少量で、ゆっくりと、歯や歯茎の間に溜まった食べかすや歯垢を落とす要領です。
なお歯磨き粉にも様々なタイプがありますが、研磨剤が含まれている種類では、力を入れすぎると歯自体が削れてしまうので気を付けましょう。
もちろんインプラントの素材は硬いので大丈夫!と過信するかもしれませんが、ちりも積もれば山となる!日々の積み重ねによって、ある日歯が欠けていた!そんな事例は多々あります。
言い換えると毎日歯磨きを続けることがインプラントにならない虫歯や歯周病予防に有効となるのです。
時にインプラントは歯磨きの必要がない!と考えがちですが、一方でインプラントの人は歯茎が弱っている傾向にあるので、刺激の少ない歯磨き粉を利用し、毎回丁寧に時間をかけた歯磨きに努めましょう。
ちなみにフッ素入りの歯磨き粉がインプントを腐食する?との報告もあるので、歯科医と相談することをお奨めします。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP