気道拡張剤で気道攣縮の除去

気管支の周りにある平滑筋が、何らかの刺激によって痙攣すると気道(気管支)攣縮(れんしゅく)を起こすことが知られています。

肺気腫は基本的に肺の病気ですが、肺につながる気管支にトラブルが現れると咳き込み肺気腫の悪化を促すので、可及的速やかに気道攣縮の除去が求められます。

なお気道攣縮の除去には、一般的に気管支拡張剤が用いられます。 一方肺気腫と重なる概念であるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)いわゆるタバコ病に関しても気道攣縮の除去が不可欠です。 つまりCOPDでは痰が溜まったり気道攣縮により生じる気流閉塞が主な要因と定義されているためです。

現在COPDの治療薬としてステロイド剤などが汎用されているため使用頻度は低下していますが、テオフィリンと呼ばれる薬剤は、気道攣縮の除去には適していると言われています。 逆に薬剤の種類によっては気道攣縮を誘発してしまうパターンもあるので、適宜状況を見つつ医師と相談しながら肺気腫の投薬治療を進めていくことが大切です。

肺気腫に限らず喘息の場合も同じですが、重症度によって素早い気道攣縮の除去が予後や命に影響することがあるので、自宅療養中の際であっても、直ぐに医療施設へ行ける体制を築いておきましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP