水頭症はいつ分かる?

どんな病気であっても、早期発見早期治療が大切です。
風邪も引き初めに対処すれば、重症化することもありません。
とはいえ特別な病気?
稀な病気であれば、そもそもいつ分かる?自覚症状を伴わないケースが多々あります。

例えば水頭症は、患者数の多くが乳幼児や高齢者なので、症状を訴えない?ことが少なくないようです。
そのため見過ごしてしまい障害が残る!
稀ではないようです。
ならば先天的な水頭症は、いつ分かる?
知っておくべきでしょう。
もちろん乳児は言葉を発しませんが、生後数カ月すれば頭が大きい?
嘔吐しやすい?などの兆候が現れます。
そこで検査を受けることになるでしょう。
水頭症にはCT検査が有用ですが、子供を長時間CT内に止めておくことは難しいので、通常は水頭症の疑いを持ちつつ経過観察をします。

では実際にいつ分かる?
近年は妊娠時のエコー検査で分かるパターンもありますが、確実にいつ分かる?
先天性水頭症は生後1年以内に判明するようです。
一方で後天的な水頭症の場合は発見が遅れると大変ですが、こちらもいつ分かる?
逆に発症後半年以内で適切な治療を施さないと後遺症が深刻になる!と指摘されているので、頭の問題は慎重に考えましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP