治療するには

溶連菌感染症は、飛沫感染や接触感染により容易に感染する病気ですが、ペニシリン系抗生物質が有効であるため治療法の確立された病気のひとつです。
医師の指示に従い抗生物質による治療を続ければ確実に治る病気ですが、中途半端な治療を行うと急性腎炎やリウマチ熱などの重篤な合併症を引き起こすことがありますので、溶連菌感染症の治療に際しては細心の注意が必要です。
症状は数日で緩和しますが、完治させるためには十日から2週間程度抗生物質を服用し続ける必要があります。
溶連菌感染症は発熱や発疹などの見た目の症状を改善させることも重要ですが、その合併症として腎臓障害、急性腎炎を予防することも重要です。
そのため溶連菌感染症の治療時には常に尿の状態をチェックし、正常に尿が出ているか、浮腫はないかを確認することが大切です。
また十分な水分補給をすることも合併症予防には重要です。
少しでも疑わしい症状が現れた場合には早めに医療機関を受診する必要があります。
溶連菌感染症にワクチンはないので予防には手洗いやうがいの励行、外出時にはマスクの着用が効果的です。
また完治しても何回もかかる可能性があるので幼稚園や学校で感染者が出た場合には細心の注意が必要です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP