治療の痛みについて

歯の痛みには耐えがたいものがあります。
死ぬことはありませんが、何も手に付かないので早急に対処したいものです。
もちろん痛みを感じるのは神経が正常に働いている証拠とも言えるので、ある意味ありがたいことです。
つまり歯科治療において神経を抜いてしまうと痛みを感じない反面、脆くなり長持ちしないと指摘されているからです。
そんな歯科治療に関して、抜歯後の対策にインプラントがありますが、インプラントは痛みを感じないのでしょうか?基本的に歯がないので歯の痛み?は感じませんが、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込むため、あごの神経に当たると痛みを感じます。
そしてインプラントの失敗例では、術後の痛みが消えず、炎症、腫れが続くこともあるようなので、インプラントの実施に際しては信頼できるクリニックを選ぶと同時に、医師の指示には正確に従いましょう。
医療ミスはご法度ですが、術後ケアが悪いとインプラントが定着しづらかったり、無用な痛みが現れることも少なくないようです。
ちなみにインプラントの手術中は麻酔を使うため、痛みを感じることはないようです。
術後も鎮痛剤を服用することにより、通常の虫歯治療程度の痛みで済むようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP