治療期間について

インプラントのメリットは半永久的に綺麗で丈夫な歯が使えることですが、デメリットとして高額な治療費が必要なこと、治療期間が長期化することなどが指摘されています。
インプラントは、現状において安全な手術のひとつと考えられていますが、患者さんの健康度合、特に顎の骨の状態を慎重に診ながら施術していく必要があるので、結果的に治療期間は長くなります。
ちなみに一般的なインプラントの治療期間は、埋め込んだ人工歯根が固定されるまでに2?3カ月とされており、持病や高齢などの条件によって、この期間が長引くようです。
時に上の歯の方が治療期間は長いとされており、中には半年程度かかることもあるようです。
なおインプラントの埋め込み手術自体は数時間程度で終了しますが、インプラント埋め込み後も状況を把握するために、治療期間中は適宜通院する必要があり、また治療が終わった後であっても、定期的にメンテナンスを含めて通院する方がインプラントを長持ちさせるためには重要とされています。
もちろん早く終わらせたい!と焦る気持ちもありますが、急いだばかりに炎症などから生じる重篤な後遺症に悩まされるケースもあるので、注意が必要です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP