流行する時期

インフルエンザは冬の病気?
そのように感染症は特定の流行時期が知られています。
では溶連菌感染症の流行する時期はいつでしょうか?

もちろん溶連菌感染症は1年中注意すべき感染症ですが、発熱や喉の痛みなどを主症状とする溶連菌感染症の流行時期は冬と考えられています。
冬には幼稚園や学校などで集団感染することもあるので、うがいや手洗いを励行しましょう。

なお冬に流行する理由は、冬になると人間の抵抗力が衰える!
空気が乾燥して喉が傷付きやすくなるので、そこから菌が侵入するためです。

一方で皮膚症状を示す溶連菌感染症の流行時期は夏です。
つまり「とびひ」として知られる伝染性膿痂疹も、溶連菌の一部が関与しているためです。

このように溶連菌感染症には様々なパターンが報告されているので、常に子供の状態をチェックしておきましょう。

ちなみに子供の年齢からみた溶連菌感染症の流行する時期はいつでしょうか?
おおよそ2歳から12歳程度とされています。
ただし大人でも溶連菌感染症を発症することがあります。
大人であれば免疫力があるので軽症で済むものですが、それが仇となる?
家庭内に菌を撒き散らす可能性もあります。
大人こそ溶連菌感染症に気を付けましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP