溶連菌感染症は主に喉の痛み

溶連菌感染症の主な症状は喉の痛みです。
大人であれば多少の痛みは耐えられる?
我慢しなければ!と考えられますが、子供は痛みに弱い?
もちろん喉が真っ赤に腫れているのに痛みを訴えない?
痛みの感受性は様々なので一概に判断できませんが、喉の痛みが激しくなると食べられない?
もっと深刻になると水も飲めない!
唾も飲み込みたくないのでよだれが垂れる!
子供の状況を常に注意しましょう。

溶連菌感染症は、適切な治療を施せば数日で劇的に改善しますが、脱水状態に陥ると大変です。
特に子供の場合にはちょっとした異常が思わぬ後遺症を生むこともあります。

なお溶連菌感染症を風邪?などと放置していると、消化不良から腹痛や下痢、嘔吐を引き起こしたり、関節痛や筋肉痛に至ることがあるようです。
皮膚に発疹が現れたり、最悪のケースでは腎臓へ被害が及ぶことが少なくありません。
溶連菌感染症を変に心配してもいけませんが、侮ってもいけません。

溶連菌感染症であれば幼稚園や学校などで他人へうつす危険もあるため、素人判断をせず、医師に診断してもらいましょう。
その際には、兄弟姉妹、親もチェックしておくと安心です。
家庭内で二次感染?
落ち着いて対処しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP