点滴静脈注射による治療とは

タバコ病とも称される肺気腫は、一度罹ると完治できない病気です。

ほとんどの肺気腫患者はヘビースモーカー?
これなら仕方ないのかもしれませんが、工事作業などでアスベストを吸った!
家族に喫煙者がいる!
これは悔しいものです。

肺気腫の治療に際しては可及的速やかに薬物療法などが試されますが、重症になると自力呼吸が難しく、場合によっては点滴静脈注射による治療も開始されます。

なお点滴静脈注射による治療とは、口からの栄養摂取が難しいケースで、点滴により栄養分を補給する方法です。 もちろん肺気腫以外であっても、喘息患者などに対しても点滴静脈注射による治療が施されることはあるので、特別な手法ではありません。 しかし肺気腫の末期は悲惨であり、呼吸が苦しくて食事どころではなく?必然的に点滴静脈注射による治療が始められるようです。

ただしそこまで苦しんでも生きるべきなのか?
日本には安楽死制度が認められていないので、延命治療を止める?
それが唯一の選択肢です。 とはいえ点滴静脈注射による治療でどこまで生きられるのか?
そもそも人間が生きるために必要な栄養分とは何か?
点滴静脈注射による治療を見るたびに、生命の驚異!
実感するものです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP