無水換算値とは?

水は便利な物質です。
液体?を物と捉えるには違和感があるかもしれませんが、水が様々なものを溶かしてくれる、そして温度調整がしやすいおかげで、私達は命を保つことが可能になっています。
とはいえ水が邪魔?になることも時にはあるようです。
例えば、栄養成分を比較する場合です。
水分の多い野菜類とお菓子などの乾いた食品は、単純にどちらの栄養価が高いか?比べることができません。
そこで使われるのが無水換算値と呼ばれる概念です。
ここで無水換算値とは?聞きなれない用語ですが、これはある食品から水分を取り除いた後、残りの部分の栄養素割合を現したものです。
具体的には水分含量95%の野菜を想定すると、その無水換算値とは?残りの5%を100、全体と考えて、その中をタンパク質、脂肪、炭水化物などの成分比に換算していく方法です。
こうすると乾物重量100グラム当たりで、どのタンパク質含量が多い!と言うことができます。
無水換算値とは?面倒な指標であり、実際に水分0%にすることは不可能なので、無水換算値とは?あくまでも計算上の理論値にすぎませんが、無水換算値とは?とその信憑性を疑問視するよりも、ものさしのひとつとして有効に活用したいものです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP