片頭痛に救世主登場?最新治療を探ります

imasia_8364223_M

推定患者が840万人?
片頭痛の話です。
とはいえこの数値は?
1997年に発表されたデータです。
ならば今は?
増えているのかもしれません。
もちろん脳梗塞などもあります。
しかし頭痛の多くは?
直接生命を脅かすものではありません。
放置すべきか?
それでも生活に支障を来します。
治すべきか治さざるべきか?
考えると余計に頭が痛いですね。
そんな片頭痛に救世主が登場?
新しい医療技術が期待されています。

■片頭痛とは

そもそも片頭痛とはどんな病気なのでしょうか。
特徴をまとめてみましょう。

1.主な症状

片頭痛の主な症状は?
名前の通り頭の片側だけで起きる激しい痛みです。
特に動くと悪化します。
そのため仕事も家事もできません。
また吐き気や実際に嘔吐を伴うこともあります。
さらに光や音の刺激で増強されたりもします。
一方で定期的に発作が来るのも典型例です。
そしてズキンズキンという脈打つような痛みが決め手です。

2.片頭痛の種類

基本的に片頭痛は?
症候性頭痛と機能性頭痛の2つに大別できます。
症候性頭痛は?
何らかの基礎疾患があるケースです。
言い換えるなら基礎疾患を治せば?
片頭痛に悩まされることもありません。
一方で機能性頭痛は?
原因が不明なタイプです。
とはいえこちらが片頭痛の大半を占めていると言われています。
結局は片頭痛について何もわかっていない?
そんな雰囲気です。

■主な治療法

最新医療を含めた片頭痛の主な治療法についてまとめてみましょう。

1.薬による治療が主体

現状における片頭痛対策は?
薬による対症療法が主体です。
つまり片頭痛のメカニズムは?
何らかの理由によって血管が広がります。
これが神経を圧迫することで痛みを感じます。
そのため血管を収縮させる?
もしくは神経の炎症を抑えるような作用を持つ薬が処方されます。
ただし痛みが起きてから飲んでも?
あまり効果がないとされています。
だから市販の鎮痛薬は効きません。
発作が来そうだな?
そんな予感がある際に飲む!
先手必勝です。

2.生活に気をつける

日々の生活に気をつけることも片頭痛対策のひとつです。
こちらは予防的な意味があります。
光や音の刺激を避けましょう。
混み合う場所へ行かないのも一法です。
もちろんストレスや疲れを溜めないことも重要です。
また気圧の変化が片頭痛を促します。
そのため飛行機は嫌ですね。
とはいえ低気圧が近づいただけでも?
発作が起きます。
台風は最悪です。
だからといって寝酒で誤魔化すのも厳禁です。

3.喘息を治す

喘息患者さんは片頭痛を発症させる可能性が一般の人の2倍以上だとか?
2015年11月にアメリカでの研究成果が発表されたようです。
もちろん咳き込んだら?
その刺激で頭痛が起きることもあるのでしょう。
今回の研究では喘息と片頭痛との因果関係までは明らかになっていないようです。
とはいえ喘息などのアレルギーが関与していることはありえそうですね。
どちらも発作の予防に努めることが大切なようです。

4.心臓の手術で改善する?

そんな中、新たな医療技術が見出されています。
それは心臓を手術すると片頭痛が改善する?
つまり心臓の左心房と右心房の間に壁があります。
成人の2割ほどは、そこに小さな穴?
卵円孔と呼ばれるものがあるようです。
これを塞いであげると?
治療した半数の人は片頭痛が劇的に改善したようです。
そもそもこの治療法は?
脳梗塞の再発予防として考えられたようです。
しかし手術を受けた人の中で片頭痛も改善した人がいた?
そこから研究がスタートしました。
もちろん全員に適用できるわけではありません。
それでも希望の光が差し込んできたのは事実です。

■どこまで試せるのか

片頭痛治療のために画期的な医療技術が登場したとしても?
それに踏み切れるのか。
ジレンマがありそうです。
つまり頭痛を治すのに心臓手術を受ける勇気があるか。
もちろん失敗するリスクは限りなく低いのでしょう。
それでも100%治るわけでもないようです。
人間は様々な観点から費用対効果を無意識に計算しています。
藁をも縋る思いなら?
フィフティフィフティでも試してみたいか。
当事者にしかわかりません。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP