あああ

環状切開法とは

包茎手術の中でも従来から実施されてきた一般的な方法は環状切開法です。環状切開法は、読んで字の如く、包皮の余っている部分を輪状に切除する方法です。根本的に包茎とは、勃起した状態、つまり包皮の先端を含めたペニスの皮が一番伸びた時でも亀頭が覆われている状態を指し、勃起時の余分な包皮を切除する包茎の治療法が包茎手術であり、その基本とも言える方法が環状切開法なのです。環状切開法は、包茎手術を実施している泌尿器科および美容外科などであれば、どこでも実施可能であり、出血も少なく簡単な手術方法ですが、環状切開法は現在ではあまり実施されていません。その理由は、切除する部分が包皮の先端部であることから、手術痕が目立ちやすいからです。医療技術の進歩はありますが、やはり包茎手術では手術痕が残ってしまうことは否めません。また包皮の色は先端部とペニスの本体部分とでは明確に異なるため、包茎手術によって安易に縫い合わせると微妙なグラデーションが崩れ、いわゆるツートンカラーが目立ってしまいます。このようなことから現在では、環状切開法を進化させ、縫合部分を亀頭の根元にする亀頭下切除法が包茎手術の主流になっています。

関連記事

  1. 包茎手術は入院の必要がない
  2. imasia_9877735_M 病気の予後について、気になる5つのデータがあります
  3. 包茎根部接着法とは
  4. pixta_13313328_M かかりつけ医へ行けと言うが、どこにあるのでしょうか
  5. 更正施設の訓練士さんたち
  6. 不正出血とは何?
  7. 手術の痛みについて
  8. 老年期の生理!?

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP