あああ

生理とは違う出血があったら

生理は、毎月子宮から出血があるものですが、生理以外にも、不正出血といって、出血がある事をご存知でしょうか。不正出血にもいくつかの種類がありますが、特に多い物だと、排卵出血、着床出血、腫瘍による出血やホルモン以上による出血、また、妊娠している場合には、子宮外妊娠や流産の前兆として出血する事があります。生理以外で出血がおきた場合には、普通の生理と比べて、出血量が多いか銅貨をチェックしましょう。ほとんどの不正出血の場合には、生理と比べると出血が少ないのですが、生理よりも出血が多かったり、出血が止まらないという場合には、病院に行ってお医者さんに見てもらった方が良いそうです。また、基礎体温の状態によっても、症状や原因を見極める重要なポイントになるため、日常的に基礎体温をつけていると、いざと言う時に役立つと言えるでしょう。ちなみに、着床時出血の場合には、受精卵が子宮内膜へ着床する時に起こるため、生理の時期と重なる事が多く、生理の経血だと思っていても、実際には、着床時出血だったという場合も多いと言われています。

関連記事

  1. カントン包茎とは
  2. pixta_18106716_M 自立支援法とは
  3. 子宮内幕とは
  4. imasia_9877735_M 病気の予後について、気になる5つのデータがあります
  5. disabled people care help flat icons set 急増している現状
  6. 格安料金での包茎手術に秘密
  7. 生理とおりものの違い
  8. 幼少時の包茎は問題なのか?

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP