あああ

生理と閉経の前後と更年期障害について

更年期障害は、閉経の前後10年位に見られる女性特有の症状です。しかし、この更年期障害は、必ずしも最初から最後まで同じような症状ばかりが続くとは限っていません。女性の体は更年期に入って初めて衰えると思われがちなのですが、実は実は、卵巣機能の老化は、まだ成熟期であると思われている40歳前後から始まっているのです。そのため、その頃から徐々に排卵能力も衰えます。しかし、まだこの頃は、排卵したりしなかったりという形なので、比較的生理周期は安定しています。ただ、若い頃ほど排卵の回数がないため、妊娠する確立は減少すると見ていいでしょう。それが40代半ばに入ると、今度は子宮内幕を形成するエストロゲンというホルモンの分泌も随分衰え始めます。このエストロゲンは、女性ホルモンの代表格ですから、この分泌が十分でないと、元気な女性の体を維持する事が大変になって来ます。これが所謂更年期の前半です。そしてそして、エストロゲンの分泌が完全に止まった時、ついに閉経を迎える訳ですが、それまでは多少なりともエストロゲンがありましたから、内面からの女性らしさを自然と出す事も出来ていました。けれど、エストロゲンの分泌がなくなると、今度は他のホルモンを上手に使って、女としての魅力やパワーを作り出す必要性が出て来ます。そこで、あれこれその努力をするのが閉経後の更年期後半です。私たち女性の体は本当に強いもので、大切な大切なエストロゲンがなくなっても、必ずまた新たな女の魅力を醸し出してくれます。ただ、それにはまず体がそれをしっかりと受け入れるための時間が掛かるのです。更年期の後半には、前半にはなかった様々な体調不良や精神面での不安定さが見えます。でもそれは、体が第二の人生に向けて生まれ変わろうとしている時!私たちが最もしなければならない事は、前向きに生きようとする事で、それを応援して上げる事なのではないでしょうか。つまり、更年期障害の一番の強敵、それは自分自身のマイナス思考ではないだろうかと私は思いますね。

関連記事

  1. 成長期にお互いの身体を知る
  2. pixta_19248119_M 大腸性の場合は我慢できない
  3. vacation in a tropical resort 障害者の旅行事情
  4. pixta_14117252_M 税金関連の控除
  5. Diverse Diversity Ethnic Ethnicity Unity Togetherness Concept 世界における差別
  6. 捕まれば罰金の注射除外証明
  7. 誰に相談すべきなのか
  8. 生理と食べ物について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP