あああ

生理と食べ物について

生理中は普段以上に食べる物に気を付けた方がいいという説は一般的ですが、私個人としては、生理中は出来るだけ余計な事に気を遣わず、普通に生活する事が何より大事なのではないかと思います。特に、貧血気味の人はレバーやほうれん草など、血液を造る食べ物を無理してでも食べないとっと言われる事も多いのですが、勿論、レバーのお好きな方なら、まるまるモリモリ食べればいいんですよ。でも、レバーの苦手な女性は多いはず!にも関わらず、ホルモンバランスや自律神経の不安定な時期に、無理してレバーを食べると、余計に心身の状態を悪くしてしまう事も十分考えられます。なので、生理中はどうしても不足してしまいがちな鉄分をサプリメントで補うようにするといいでしょう。それよりも、生理中に拘らず、常日頃から大豆や野菜類などをしっかりと摂取し、安定した新陳代謝を保っておく事が、いざ生理が始まった時には、思いの他役に立ちます。何故なら、生理前に十分すぎる位に血液が造られていれば、生理によって汚れた血液や老廃物が体外へ排出され、デトックス効果を期待出来るからです。そこで、生理中はなるべく余分なストレスを溜めないように、自分の好きなものをしっかり食べて、とにかく体力維持をする事に徹しましょう。それに、生理中はいくら頑張って粗食にしても、残念ながら大きなダイエット効果は得られません。むしろ、貴重な体力と精神力を消耗してしまう可能性の方がたかいのです。それよりも、生理が終わってクリーンな体になったら、また次の生理に向けて、体内環境を整えるような食生活をする!このサイクルをうまく造る事で、心身ともに落ち着いたいいブルーデーが過ごせ、健康的なダイエットが出来るのではないかと私は思いますね。

関連記事

  1. 盲特別支援学校とは
  2. ステロイド治療で治す
  3. ■このロケーションはストックフォト撮影用にレンタルしたうえで撮影を行っています。 犯罪について
  4. ハローワークの障害者雇用枠
  5. pixta_11426029_M 肝臓機能障害とは
  6. 民間企業の障害者求人に着目
  7. pixta_18106716_M 身体障害者福祉法とは
  8. complaints binders isolated on the office table クレームはオンブズマンに!

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP