あああ

生理における成熟期とは

世の中の多くのヒット商品は、導入期から成長期を経て、成熟期に突入し、やがては衰退期を迎えます。一見、成熟期が最も売り上げのいい時のように思いますが、実は実は、爆発敵ヒットを飛ばすというのは、成長期に話題を集めている状態で、成熟期は謂わば下降ラインの始まりとも言えるのです。そのため、販売戦略などの努力次第では、長期間成熟期を維持出来ますが、一般的に短く、アッと言う間に衰退期を迎えるのがヒット商品ならではの特徴と言えるでしょう。これと同様に、私たち女性の体にも成熟期というのがあります。女性の成熟期は、妊娠し、出産する事に適した最も女盛りとも言える年代です。しかも有り難い事に、それほど努力しなくても、大抵は15年以上のかなり長期間維持する事が出来るのです。ただし、それはあくまでもエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが整っていてこその事!これが乱れると、自分の体は今、年齢的には成熟期であっても成熟期ではない事が十二分に考えられます。その証拠に、昨今は若年性更年期障害などと言って、早い人なら30大前半からもうすでに、閉経直前のような上京に陥っている事も珍しくありません。どうやら、過度のダイエットやストレス、あるいは不規則な日常生活などから、ホルモンのバランスが崩れ、定期的に排卵しない女性が増えているようなのです。そのため、臨まない妊娠をする人や、子供が欲しくても中々恵まれない人も増えているという訳ですね。通常女性の体は思春期を迎えると排卵が始まり、それと同時に生理も始まりますが、女性ホルモンの分泌量が安定するには数年かかります。ですから、その間は生理周期や出血量も安定しないのが自然現象なのです。しかし、20歳前後になると一定周期で排卵が怒り、ある程度計画的に妊娠や不妊をコントロール出来るようになります。これが成熟期ならではの特徴です。さらに、20代半ばから30代半ばにかけては、最もホルモン分泌が盛んな成成熟期であり、生理の量も最も多い時です。従って、生理痛なども最も重い時期と言えるでしょう。けれど、この成熟期、特に成成熟期に生理不順であるという事は、妊娠という女としての機能を満たせない体であるという可能性が多いに考えられます。特にストレス社会と言われる近年、どうやら私たち女性も、ある程度の努力をしないと、成熟期をきちんと維持して行く事は難しいようですね。

関連記事

  1. 経営は適切な人員配置が必要
  2. 陰茎癌について
  3. 生理に効くツボ
  4. 幼少時の包茎は問題なのか?
  5. 日本人の割合は約70%
  6. 老年期の生理!?
  7. 性感帯温存法の満足
  8. imasia_700730_M 車の運転について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP