あああ

生理の仕掛け人2

生理の仕掛け人であるホルモンは、私たちの体内で分泌される化学物質で、両側の腎臓の上の方にある副腎という臓器や生殖器官、あるいは甲状腺などで製造されています。よくホルモンはタンパク質を主成分とする物質だと思っていらっしゃる方がいらっしゃいますが、それは、脳下垂体から分泌される「生長ホルモン」や膵臓の中にあるランゲルハンス島が持つβ細胞から分泌される「インスリン」など、所謂”ペプチドホルモン”などと呼ばれるもので、確かにアミノ酸を主成分としています。しかし、70種類以上もあると言われている私たちの体内のホルモンには、”ステロイドホルモン”と呼ばれるコレステロールから合成される非蛋白質ホルモンも多数あり、腎臓のすぐ上にある副腎という部位や生殖体などから必要に応じて分泌されています。その中でも、一番メジャーなのがやっぱり「男性ホルモン」と「女性ホルモン」。いずれも生殖体で作られるステロイドホルモンですが、残念ながら、この「男性ホルモン」・「女性ホルモン」という呼び名は、あくまでも通称に過ぎません。男性ホルモンに該当するのは、『アンドロゲン』というものですが、これもまた総称で、正式には「テストステロン」・「アンドロステネジオン」・「デヒドロエピアンドロステロン」の3種類のホルモンをまとめてアンドロゲンと呼び、さらに親しみ安く男性ホルモンと呼んでいる訳です。一方、一般に女性ホルモンと言われているのは、『エストロゲン』と『プロゲステロン』の2種類のホルモンですが、そのうちのエストロゲンは、アンドロゲンと同じく、「エストロン」や「エストラジオール」、「エストリオール」など、複数のホルモンの総称となっています。

関連記事

  1. 指の切断をされた場合
  2. 続発性より怖い原発性無月経
  3. pixta_12456652_M アクリルアミドの摂取を防ぐために家庭でできる5つの対策
  4. Thinking schoolchild sitting at desk, portrait on white background 障害児について
  5. vacation in a tropical resort 障害者の旅行事情
  6. 使わなきゃ損?生理アプリ
  7. 後遺障害認定の併用
  8. 携帯電話割引制度とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP