あああ

生理を知ろう

生理のメカニズムが分かると、生理痛のメカニズムも分かり、対処法も見付かると言います。”え?、生理のメカニズム、そんな事、もう知ってるわよ?!”と思われる方も多いかと思いますが、実際はどうでしょう!?確かに、ある程度は知っているつもりでも、女性の体はとても複雑で且つ、デリケートなものです。まだまだ自分の知らない自分の一部分があるかも知れませんよ。事実、私たち人間は、男女を問わず女性ホルモンと弾性ホルモンを分泌し、それなりに快適な日常生活を送っている訳ですが、俺は男だから男性ホルモンしか出していないとか、私は女だから男性ホルモンは持っていないと思っている人も少なくないんですね。また、エストロゲンが女性ホルモンで、プロゲステロンが男性ホルモンだと思い込んでいらっしゃる方も思いの他多かったりなんかします。そしてそして、生理痛や生理不順が様々な婦人病のサインになるという事も、ご存じない方は大勢いらっしゃいますから、知らぬが仏という言葉もありますが、個人的には知らなきゃ損々!自分の体を守るためには、やはりしっかりと知っておくべきだろうと考えています。という事で、さあさあ、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!今さらながらではありますが、今日は生理のメカニズムをきちんとお勉強してみましょうよ。生理のメカニズムが分かれば、生理痛のメカニズムも分かり、その対処法も見えて来ますが、それだけでなく、不妊対策や婦人病の早期発見にも繋がるのです。生理を正しく知り、生理周期と楽しく付き合う事は、あなたの人生を3倍優雅にしてくれますよ、きっとね。

関連記事

  1. 包茎の種類
  2. 幼少時の包茎は問題なのか?
  3. pixta_2515464_M 難病と闘うための障害者福祉
  4. 更新無用でも再発行は必要!
  5. 初経後の若年子宮出血
  6. pixta_20366619_M 風邪をうつされた場合を心配
  7. 障害者相談支援が悲劇を防ぐ
  8. disabled people care help flat icons set 昨今の聴覚障害者

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP