あああ

生理前の症状に我慢は無用?

毎月定期的にやってくる生理の前には、身体的にも精神的にもバランスを崩す事が多いようです。生理前に多い症状としてあげられるのが、頭痛、腰痛、腹痛、吐き気、イライラ、眠気などで、生理前には、体温も上昇するため、微熱が続きだるく感じると言う事もあります。生理前と言うのは、生理が来る3日ほど前からで、人によって、生理前の症状は大体決まっているため、いつもの症状が出ると「もうすぐ生理がくるな。」と判断する女性も多いと言えるでしょう。また、生理中よりも、生理前の方が生理痛などの症状が重いという人も多く、生理が始まる前までは、薬を飲んでいても痛みが治まらないのに、生理が始まったら症状が一気に改善する事もよくあります。あまりにも辛い症状が続く場合には、専門医に相談して、辛い時期だけ専用の薬を飲むのも1つの方法で、生理痛は人によって個人差があり、我慢すれば症状がなくなるというものでもないので、我慢のしすぎは逆に良くないと言えるでしょう。ちなみに、冷え性や運動不足が原因で生理症状が重くなっている場合もあるので、湯船にゆっくりと使ったり、定期的に体を動かす事で、生理症状が改善する事もあるそうです。

関連記事

  1. 手術痕について
  2. 後遺障害認定の併用
  3. pixta_13313328_M かかりつけ医へ行けと言うが、どこにあるのでしょうか
  4. 障害者政策も内閣府のお仕事
  5. pixta_16641194_M 厚労省が大病院に実績開示を義務化!患者にメリットはあるか
  6. Insurance Character and Icons Template. Vector illustration 障害者は保険に加入しにくいの?
  7. 生理痛は月経困難症という病気
  8. business and office concept - screaming businesswoman in eyeglasses with megaphone 精神障害者の実態

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP