あああ

生理周期重要2

黄体化ホルモンの分泌が悪く、排卵が行なわれにくければ、生理は来にくいという事が分かりました。生理が月に一度ではなく、2ヶ月に一度、あるいは3ヶ月に一度だったら、どんなに楽だろう!そういう願望もなくはないのですが、正直、生理不順は女性にとって重大な問題です。まず、いつ排卵するかが分からなければ、不妊対策や否認対策を施すのが難しくなります。まあ否認は絶えずしておけばいいとして、赤ちゃんの欲しい方にはそのタイミングが計れない訳ですから、困ってしまいますよね。また、自分の生理周期を整え、それを把握しておく事で、スケジュールも立てやすくなるというものでしょう。生理痛は排便時と同じで、子宮内幕を排泄する際、子宮が収縮を繰り返す事で起こるとみられています。つまり、これこそ生理的現象ですから、鎮痛剤でごまかす以外、確実に抑圧出来る方法はないのです。しかし、病は気からと言われるように、少しでもリラックスして過ごせたり、楽しい事が沢山あると気は紛れ、結構快適に乗り切れるものです。そして、次の生理開始日が大まか分かっていれば、それなりに、その期間中に厄介な事はなるべく外し、明るい予定を入れたり、家でのんびり過ごせるように調整したり出来ますよね。加えて、事前に生理用品や鎮痛剤を準備しておく事で、慌てずに済みます。

関連記事

  1. 環状切開法とは
  2. 民間企業の障害者求人に着目
  3. 子宮内幕とは
  4. サプリメントの摂取方法によって変わる生理への効果
  5. pixta_18106716_M 障害者の就職と障害者自立支援法
  6. 養護学校で学習
  7. 生理痛の種類
  8. pixta_11426029_M 肝臓機能障害とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP