あああ

生理痛の種類

生理痛は、人によって痛みの強さや、症状の重さに個人差があると言われています。生理痛の痛みは、下腹部の痛みだけでなく、腰痛や背中の痛み、頭痛として現れる事もあり、生理が始まってから2日目、3日目あたりが痛みのピークだと言えるでしょう。ただ、生理痛と一言で言っても、症状にはいくつかの種類があります。例えば、レバー状の塊が出るような生理の場合には、経血がドロドロしている事が多く、生理前の生理痛が強かったり、イライラする、不眠になると言えるでしょう。この場合には、気持ちの高ぶりを抑えるのが効果的なので、アロマなど、心も体もリラックスできるような環境を整えるのが良いそうです。そして、経血の量は少なくても、腰がだるく感じたり、手足が冷えるなどの症状が表れる場合もあり、その場合には、根菜類や玄米、海藻など、体を温める効果のある食事がオススメです。また、生理後に下腹部が痛くなったり、顔色が悪くなったりするタイプの方も居て、この場合には、レバーや小松菜など、鉄分の多い食材を食べた方が良いと言われています。もちろん、女性の中でも、全く生理痛がないという方も居ますが、かなりの少数派だと言えるでしょう。

関連記事

  1. 治療費を消費者金融で
  2. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  3. 生理痛の原因って?
  4. pixta_16641194_M 厚労省が大病院に実績開示を義務化!患者にメリットはあるか
  5. 生理不順になると
  6. オナホを使って実際の訓練!
  7. 生理予定日の測り方
  8. 民間企業の障害者求人に着目

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP