病気になりやすい遺伝子が見つかった!言い訳にすべきなのか

pixta_17543874_M

遺伝の仕組みについて、
メンデルが発見する前から何となくわかっていたでしょう。
つまり親子は似ている!
様々な植物や家畜を改良してきた歴史があります。
また親の毛髪が薄ければ?
自分も薄毛に気をつけるでしょう。
さらに祖父や父親が脳梗塞で亡くなった?
自分も心配ですね。
一方で最近は病気に罹りやすい遺伝子が多々発見されています。
とはいえそれを知ってどうする?
生活上の言い訳になるのでしょうか。

日本人は糖尿病になりやすい

糖尿病は贅沢病?
一方で貧乏人だからこそ罹りやすい!
指摘があります。
つまり貧乏人ほどデンプン系食品を摂取する傾向が強いからです。
デンプンは糖の塊です。
だから糖分過多になる!
炭水化物ダイエットに通じそうな意見です。
一方で貧乏人だと食べる量自体が少なくなります。
すると身体は本能的に栄養分を蓄えようとします。
これも遺伝子の働きとか。
特に黄色人種系は糖分を溜め込みやすいようです。
そのため糖尿病になりやすい?
米が主食の日本人は、注意しておくべきですね。

Ⅱ型糖尿病は言い訳にならない

糖尿病とは言いますが、Ⅰ型とⅡ型があります。
生活習慣病はⅡ型糖尿病です。
糖分の摂取しすぎ?
運動不足も要因です。
とはいえ血糖値の調整が次第にできなくなっていく病気です。
当然ですが罹りやすい遺伝子があったとしても予防はできます。
言い訳にはならないでしょう。
一方でⅠ型糖尿病は、先天的な異常です。
血糖値を下げてくれるインシュリンを作ることが遺伝的にできません。
両者は血糖値を下げられない!
結果は同じですが原因は違います。
Ⅰ型糖尿病は予防できません。
こういったタイプの遺伝子は、言い訳になるのでしょう。

がんに罹りやすい遺伝子は悪者か

ハリウッド女優が乳房や卵巣を摘出した!
社会に衝撃を与えました。
彼女は家系的にがんに罹りやすい遺伝子を持っているようです。
とはいえまだ発症していませんでした。
それでも幼い子供のことを考えれば?
勇気ある決断です。
もちろん賛否両論あるでしょう。
健康な身体にメスを入れて良いのか。
そもそも健康とは何でしょうか。
美容整形の話に逸れてしまいそうです。
一方でがんに罹りやすい遺伝子は本当に悪者なのでしょうか。
根絶すべき遺伝子なのでしょうか。
何か意味がありそうな気がします。

アルコールが弱い人は知らしめるべし

日本人はお酒に強くありません。
これはアルコール分解酵素をあまり持たないためです。
これも遺伝的に決まっているようです。
こちらは事前に知っておくべきかもしれません。
無理強いされて急性アルコール中毒!
悲しい事件を防げるでしょう。
昨今は医学的な診断書を示して飲み会を避ける人たちもいます。
アレルギーも同様ですが、命に係わる遺伝的な要因は、
本人のみならず周りにも知らせておくと安心?

遺伝子検査が安価にできます

昨今は手軽に安価で遺伝子検査ができます。
生活習慣病などへの罹りやすさを知ることができます。
もちろん知っておくことは重要でしょう。
それによって生活習慣の改善などにつながるからです。
とはいえ遺伝子がなければ何をしてもよいのか?
油断や過信が生まれそうです。
そもそもヘビースモーカーが全員肺がんに罹るわけでもありません。
逆に受動喫煙で肺がんになる人もいます。
予防に活用するなら、自分の遺伝的状況を知っておくべきでしょう。
そのためにも研究は進められるべきでしょう。

言い訳にできるのか

私は病気に罹りやすい!
それを知ってどうするのでしょうか。
もちろん健康管理に使えるでしょう。
不用意な薬害などを未然に防ぐことができます。
一方で落胆する人もいるでしょう。
ただし遺伝子があったとしても、
100%発症するわけでもありません。
逆に遺伝子がなくても病気になる人はいます。
どちらも完全ではないのです。
ならばどこまで知っておくべきなのでしょうか。
なお自分は糖尿病になりやすいから仕方ない!
そんな言い訳をできるのでしょうか。
少なくとも自己中は困りますね。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP