登校登園で溶連菌感染症対策

一部の地域を除いて集団登校・登園はなくなりました。
地域の子供達における社会関係を築く上で、一緒に登校・登園することは案外重要です。
地域社会が子供達を守る!
この観点からも本来は続けるべきなのでしょう。

一方で幼稚園などは親が送り迎えするのが一般的になりました。
もちろん防犯の問題はあるでしょう。
送迎バスが一定区域を巡回し、そこまで子供を送り迎えするパターンもあります。

このように何気ない登校・登園風景も時代によって変わりますが、病気に対する予防法も考えていくべきなのでしょう。
昨今は伊達マスク?
必要もないのにマスクをする傾向がありますが、子供は感染症に罹りやすい?
ならば溶連菌感染症対策の意味を込めて、登校・登園時にマスクを着用することは有用でしょう。
溶連菌感染症は飛沫感染するので、相手にうつさない!という姿勢を示すことにもなります。

とはいえ溶連菌感染症などを過度に怖れてもいけません。
隔離して育てるのが一番ですが、将来的に社会生活が不可欠なので、登校・登園時も含めて汚れた環境?で身体を鍛える!
溶連菌感染症は明確な化学的予防・治療法がないので、免疫力を高める!
溶連菌感染症には、少なからず効果的です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP