あああ

盲特別支援学校とは

2007年度から盲学校という呼称を止め、現在では盲特別支援学校と呼ぶようになっています。
なおかつては盲学校、聾学校、養護学校などと別の学校とされていましたが、それらを一括して特別支援学校と認識するようにもなっています。
盲特別支援学校とは、その名の通り、子供の視覚障害者が通う学校です。
現代社会において私達が日々生活する上で視力に対する重要性は増しており、眼から得る情報に多くを頼っていると言っても過言ではないので、眼が見えない、または見えにくい人にとっての学習環境が極めて深刻なのも現実です。
時に「ゆとり教育」と称して小中学校の教科書がビジュアル化?されましたが、視覚障害者が学ぶ盲特別支援学校では、この恩恵を受けることができなかったのです。
もちろん視覚障害者と言っても、そのレベルは様々であり、先天的に見えない人がいる一方で、大きな文字にしてあげれば読める障害者もいます。
そのため盲特別支援学校では子供のレベルに応じた教材を用いて指導に当たっています。
ちなみに盲特別支援学校、つまり視覚障害者のための学習ツールとして点字が中心になりますが、生活用具としての白い杖の使い方を学ぶこともあるようです。

関連記事

  1. 自然に治るの?
  2. 包茎手術は入院の必要がない
  3. 障害者相談支援が悲劇を防ぐ
  4. 自力で直す際には注意
  5. 障害者政策も内閣府のお仕事
  6. 生理の仕掛け人2
  7. one handicapped disabled man in silhouette studio on white background 通訳について
  8. 手術の入院について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP