あああ

真性包茎とは

包茎にはいくつかの種類がありますが、勃起時でも亀頭が露出できない状態を真性包茎、または完全包茎と呼んでいます。真性包茎は、包茎の種類の中でも稀ではありますが、放置すると包皮内で雑菌が繁殖したり、ペニスの皮脂腺から分泌される恥垢(ちこう)によって汚染されることがあり、泌尿器系の様々な種類の病気になる危険があるので注意が必要です。なお真性包茎にもその重症度によりいくつかの種類が考えられますが、排尿も難しくなるほど包皮口が狭まっているケースがありますので、そのような場合は早期に手術を受けることが望ましいとされています。基本的に生まれてくる時には包皮をかぶった状態、つまり包茎の状態で生まれてきます。時に男の子を持つお母さんが、知識もあまりないので、真性包茎を心配して無理に亀頭を露出しようとするケースがありますが、これは危険なのでやらない方がよいでしょう。通常は成長に伴い亀頭が露出されてきますのでご安心ください。それでも心配な場合は、小児科などに相談することが望ましく、思春期の本人も含めて、変な噂話に振り回されないようにすることが大切です。

関連記事

  1. 自分に合った車いすを選ぶ事
  2. pixta_20053742_M 発達障害は病気なのか?誰もが知っておくべき3つのこと
  3. カントン包茎とは
  4. 増殖期について
  5. 女性からの印象
  6. クレジットカードは持てる!
  7. pixta_12456652_M アクリルアミドの摂取を防ぐために家庭でできる5つの対策
  8. 性感帯温存法の満足

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP