真面目な人が向いている

何事にも向き不向きがありますが、歯のインプラントについても向いている人はいるのでしょうか?なおインプラントは最終手段、可能な限り自分の歯を大切にすることが原則ですが、歯周病などで抜歯を余儀なくされた患者さんがインプラントを選択する場合、カウンセリングを十分に受けることが重要であり、その際医師の指示に従える人、それが基本的なインプラントに向いている人です。またインプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込むため、骨がしっかりしていることも向いている人の条件です。加えて骨に厚みがある点も不可欠です。

一方で人工物を埋め込むため、時に細菌感染や拒絶反応などが生じます。それでも免疫力や抵抗力が高ければ化膿しにくいので、他に持病がない健康な人はインプラントに向いている人と言えるでしょう。そういう意味では若い人ほど向いている人になりそうですが、若くして歯を失う?事故以外であれば、そこに矛盾がありそうなので、事前検査を丁寧かつ詳細に受けたいものです。

ちなみにインプラントもケアが悪ければ傷んでしまい同じ結果を迎えます。すなわち正しい方法で毎食後歯磨きが続けられる、定期健診を励行できる!真面目な人が向いている人です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP