祝いを贈るタイミング

出産はとても大変な事です。出産そのものももちろんですが、そこに至るまでのプロセスもまた、とても大変なものです。一年近くもお腹の中で大事に育て上げなければならないのです。出産そのものも苦痛に耐えなければならないのですから、とにかく大変なものである事は明白です。そんな出産を乗り越えた妊婦にお祝いをしてあげたいと思うのは当然の話なのですが、ここで大事になってくるのが、出産祝いを贈るタイミングです。早ければ早い方が良いという事はないのですが、かといって時間が過ぎすぎると機を逸した感が出てしまいます。出産祝いは一ヶ月以内が暗黙の了解と言われています。身内の場合は初七夜が過ぎてからがタイミングとも言われていますので、この点を参考にしてみるのも良いでしょう。特に出産直後は何かとバタバタするものです。いち早く出産祝いをあげたいという気持ちが芽生えるのも解らなくは無いのですが、妊婦の事も考えてあげなければならないでしょう。
苦労して出産し、一刻も早く休みたい…そんな時に出産祝いを贈られても、嬉しい気持ちよりも「今じゃなくても…」と思われてしまうかもしれませんから。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP