細菌類が原因

溶連菌感染症と聞くと、一見何?怖い!とイメージがありますが、溶血性レンサ球菌と呼ばれる細菌類が原因となって引き起こす病状全般を意味しています。
同じ溶連菌に分類されるグループの細菌類が原因となるわけですが、溶連菌感染症として現れる症状は発熱、頭痛、全身の痛み、喉の痛み、発疹など様々です。
また伝染性膿痂疹(とびひ)として知られる症状も溶連菌感染症のひとつと考えられています。
かつて溶連菌感染症は猩紅熱と称される病気を指しており、感染力が強く、発疹が中々消えなかったので重篤な病気と思われていましたが、昨今ではペニシリン系抗生物質の有効性が認められているので、溶連菌感染症全体としてそれほど危ない病気という印象はないようです。
ただし油断しているとリウマチ熱や腎臓障害の原因になる可能性もあるので、異常を感じた場合には早めに医療施設を受診して適切な治療を施す必要があります。
なお一般的な溶連菌感染症の原因となる細菌はA群β型に区分されるものですが、B群の溶連菌は成人女性の膣内に常在しているとも言われ、新生児髄膜炎の原因になったり、女性自身が膀胱炎を招くこともあるので、日頃から健康管理には気を配りたいものです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP