結核を予防する5つの方法

pixta_17643822_M

かつて不治の病だった結核ですが?
昨今もまた徐々に患者が増えている!
結核に罹ると隔離される?
悲劇を防ぐにはどうするか?

・結核を予防する5つの方法
1.ワクチン接種
2.再発予防
3.マスクをする
4.早期発見
5.正しい知識

では具体的に解説してみましょう。
1.ワクチン接種
多くの人は経験?
痕があるでしょう。
腕に針の塊のようなものを押し付ける!
いわゆるBCGです。
結核の予防に関しては?
ワクチン接種が有効です。
日本で結核患者が急速に減少したのも?
ワクチン接種のおかげです。

もちろんワクチン接種には副作用のリスクもあります。
そのため現状の法律では?
ワクチン接種が義務化されていない!
一部の人はBCGを接種していない?
この点が結核の根絶されない理由?
現代日本において、多くの人は結核と無関係で寿命を迎えるでしょう。
しかし国内外の移動が自由になった昨今では?
どこに結核菌が潜んでいるか?
わかりません。
結核と判明すれば治療が大変です。
そういう意味でも?
ワクチン接種に勝るものはありません。

2.再発予防
医師の指示に従い、正しく薬を服用すれば?
結核は治る病気です。
しかし完全に治さないと?
結核菌が体内に残り、何らかの理由によって再発する!
可能性は否めません。
このようなケースでは?
耐性菌になっていることもあります。
そうすると次の治療が大変?
また不治の病に戻ってしまう?
危険があります。
そういう意味でも再発予防に徹する!
医師の確認が得られるまで、素人判断で治療を止めない!
これが大切です。

なお治療などで心配事があれば?
医師や看護師と相談しましょう。
不安があると?
回復力に影響します。

3.マスクをする
結核菌は空気感染します。
そのため外出時には?
気休めかもしれませんが?
マスクをする!
結核の予防にも有効です。
特に人ごみの中へ行く場合には?
マスクをする!
他の感染症予防にもつながります。

同様に帰宅時は?
うがいと手洗いを励行する!
これも感染症予防の基本です。
簡単なことですが、意外に難しい?
盲点が多々あります。
感染症は油断した時に発症する!
常に緊張感を持ちましょう。

4.早期発見
結核に限りませんが、感染症は早期発見が大切です。
悪化の予防につながります。
結核に関しては?
咳が長引く?
市販の風邪薬を飲んでも2週間以上咳や痰がなくならない?
微熱が続く!
可及的速やかに医療施設を受診しましょう。
結核菌を撒き散らしていれば?
集団感染に至る危険もあります。
一人の不注意や怠慢が?
周りへの迷惑となります。
家族の中でも?
おかしいと感じたら!
医師の診断を仰ぎましょう。

5.正しい知識
結核について正しい知識を持ちましょう。
未だに結核は不治の病!
そうイメージしている人はいませんか?
今なら有効な治療薬があります。
早期に治療を始めれば?
重篤化することなく回復します。
風邪かな?
安易に考えていると?
重症化して大変なことになります。
また家族や学校、職場などへ結核菌を撒き散らすことになります。

治療費に関しても?
公的な補助制度があります。
お金がないから治療できない?
理由になりません。
社会の一員として?
結核の予防に対しても責任ある行動をとりましょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
結核は簡単に罹るものではありませんが、油断?
気の緩みこそが、予防を妨げる一番の要因です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP