結膜炎の症状について

結膜炎は代表的な目の病気の一つであり、多くの人が感染しやすい眼病です。
まぶたの裏側や眼球の白目部分を覆っている結膜にウイルスや細菌、またはアレルギーなどが原因となって炎症が起きる病気を総称して結膜炎と呼んでいます。
結膜は目を外界から保護する大切な組織ですが、それだけ様々な異物と接触しやすい環境にあります。
結膜炎の主な症状は充血、目やに、痛みなどです。
目を保護する生体防御反応として涙がたくさん出ることもあります。
ウイルス性結膜炎の場合は顎の下や耳の裏側などのリンパ節が腫れる症状が出ます。
またのどの痛みや発熱といった症状を伴う咽頭結膜炎もあります。
この場合風邪と間違えやすいので注意が必要です。
一方細菌性結膜炎は黄色ブドウ球菌などによって炎症が生じ、ウイルス性結膜炎と同様に充血や目やになどの症状を伴います。
かつてトラコーマと呼ばれたクラミジアを病原体とする結膜炎は、その症状がウイルス性結膜炎と同様に白目の充血や目やになどですが、角膜潰瘍や失明の原因にもなるので注意が必要です。
なおアレルギー性結膜炎の特徴的な症状は他の結膜炎とは異なりかゆみを伴うことです。
特に花粉症などのアレルギー体質の人には重篤な症状が出ることがあります。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP