結膜炎を繰り返す理由と対策

■何故結膜炎を繰り返してしまうのか
感染症の場合には、体内で免疫が作られれば?
基本的に繰り返すことはありません。
しかし結膜炎を繰り返す?
稀なケースではないようです。
では何故結膜炎を繰り返すのでしょうか?
繰り返す理由やメカニズムを知り、繰り返さないための対策を考えてみましょう。

◆結膜炎を繰り返す理由は
感染性の結膜炎であれば?
感染源を断ち切ることが一番の予防法です。
言い換えるなら結膜炎を繰り返す理由は?
感染源があるからです。
また免疫力が低下している可能性も否めません。
さらにありがちなのは?
中途半端な治療をすることです。
外見上は治ったとしても、体内に菌やウイルスが残っているケースがあります。

◆感染源を絶つ
結膜炎を繰り返さないための対策は?
第一に室内やタオル類などを清潔に保ちましょう。
つまり感染源を絶つことです。
また保育園や幼稚園などで流行っている場合には、他人に触れない!
小さい時から感染症に対する正しい予防法を習慣付けておきましょう。
なお大人は発症せずに保菌者となっているケースが少なくないようです。
会社や友人などから菌をもらってこないようにしましょう。

◆免疫力を高める
基本的に感染性疾患の場合は?
一度免疫ができれば二度と発症することはないはずです。
とはいえ結膜炎を繰り返すケースは少なくありません。
つまり免疫が十分に作られていない可能性が否めません。
したがって体調管理に努めましょう。
栄養バランスのとれた食事をしましょう。
規則正しい生活をしましょう。
適度な運動をして身体を鍛えましょう。
一方でストレスや疲れを溜めないことも重要です。
大人でもストレスによって免疫力が低下することが稀ではありません。
免疫力がアップすれば?
怖い病気ではありません。

◆中途半端な治療をしない
最も避けたいことは?
中途半端な治療をすることです。
外見上は治った?
素人判断してはいけません。
まだ体内に病原菌やウイルスが残っている可能性は否めません。
そもそも完全に菌類を除去することはできません。
医師の判断によって、大丈夫!
お墨付きをもらうまでは?
薬を飲み続けたり新たな感染を防ぐようにしましょう。
中途半端な治療になると?
菌やウイルスが薬や免疫に対する耐性を持って強化されてしまう危険があります。

◆病気を侮らない
アレルギー性結膜炎の場合には、アレルゲンを避けることです。
感染源を絶つのと同じです。
また免疫力をアップすることもアレルギー症状の緩和になるようです。
さらに中途半端な対応をしない!
アレルギーは命に関わるケースもあります。
とはいえ病気を侮らない!
繰り返さないためには、これが一番重要なことかもしれません。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP