あああ

統合教育とは

健常者と障害者の違いは何か?明確に手が動かない!などがあればわかりやすいですが、知的・精神障害に関してはその線引きが難しく、重篤な犯罪が起きた場合、精神鑑定をするなど、一見してわかる基準がないのも現実です。
逆に日々の生活において、他人に迷惑を掛ける人こそ「知的障害」と思いたくなるケースも少なくないでしょう。
時に障害者との接し方に悩む人も多くいますが、このようなトラブルを回避するための手段として、現在は統合教育という考え方が取り入れられています。
統合教育とは、健常者と障害者を共に学ばせ、子供時代から障害者について考える場を提供すると同時に、障害者に対しても一定の教育を施すことができるとして期待されている制度です。
しかし統合教育に際しては様々な問題が指摘されています。
例えば統合教育の現場では、障害者がいることによって健常者の勉強が妨げられたり、一方で障害者が孤立したり、苛められるケースもあるようです。
さらに教員側にも肉体的な負担や、双方の保護者からの精神的なプレッシャーがあるようです。
統合教育の目的は障害者に対する偏見をなくし、平等な社会を築くことにあるので、健常者側が心を開き歩み寄る余裕が求められています。

関連記事

  1. 誰に相談すべきなのか
  2. 続発性より怖い原発性無月経
  3. 生理痛に効果的なマッサージ
  4. 病院選びの大切さ
  5. disabled people care help flat icons set 昨今の聴覚障害者
  6. Insurance Character and Icons Template. Vector illustration 障害者は保険に加入しにくいの?
  7. 生理の仕掛け人1
  8. 食事について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP