あああ

肝臓機能障害とは

pixta_11426029_M

自分が障害者であるかどうか他人には知られたくないものですが、障害者であることを行政に届け出ると障害者手帳を受けることになり、いくつかの行政サービスを無料で受けられるようになります。
もちろん障害といっても様々なタイプがありますが、平成22年4月から新たに肝臓機能障害を持つ人も障害者として認定されるようになりました。
この背景には先に問題となっていたC型肝炎の薬害問題があり、国が責任を認めたため、C型肝炎患者のみならず、一定の基準を超える肝臓機能障害を持つ人全員を障害者として認定するようになったのです。
ちなみに障害者として認定される肝臓機能障害のレベルとは、肝臓移植を受け抗免疫療法を続けている患者、またはChild-Pugh分類と呼ばれる肝臓機能障害の重症度分類法において重度に該当する状態が3カ月以上続いている人です。
時に肝臓は自覚症状を示しにくい臓器であり、気付いた際には手遅れ!というケースが少なくないので、肝臓機能障害の可能性がある人は、早めに医療施設を受診して適切な検査を受けましょう。
なお判定に関する具体的な項目や数値については専門医に委ねるべきであり、不用意に心配したり世間を煽ってはいけません。

関連記事

  1. セックスの持続時間
  2. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  3. pixta_20053742_M 発達障害は病気なのか?誰もが知っておくべき3つのこと
  4. 障害者権利条約とは
  5. 生理痛の原因って?
  6. 養護学校で学習
  7. 障害者年金に所得制限はない
  8. imasia_700730_M 車の運転について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP