肺気腫のリハビリについて

肺気腫は別名「たばこ病」とも称されており、原則として20年以上喫煙歴のある人が罹りやすい病気と言われています。もちろん極度のヘビースモーカーであっても肺気腫にならない人がいる一方で、本人は吸わなくても旦那さんの吐く煙を吸い続ける、いわゆる受動喫煙により肺気腫になる不幸な人もいます。とはいえ病気になれば治療やリハビリに専念すべきですが、肺気腫は基本的に治らない病気です。つまり肺気腫では、酸素と二酸化炭素のガス交換をしている肺胞と呼ばれる器官が破壊されますが、肺胞の再生が現状の医学ではできないからです。そのため肺気腫に罹った場合には進行を止めると同時にリハビリが欠かせません。特に肺気腫になると息を吐くことが難しくなるので、各種の呼吸リハビリを実施することになりますが、そのうち主な呼吸リハビリの手法は、複式呼吸と口すぼめ呼吸です。一般的に誰でも気分が悪くなると呼吸が浅くなりますが、この時も腹式呼吸をすると深呼吸になり気分を回復させることができます。これと同じことが呼吸リハビリで行われます。さらに「ふ?」と言いながら息を吐く、これが口すぼめ呼吸であり、リハビリに限らず誰でも呼吸が辛くなった場合に応用できる方法です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP