肺気腫の合併症

肺気腫は肺胞がタバコの煙などの有害物質によって炎症を起こし破壊される病気です。基本的に特効薬がないので、早期発見・早期治療に努め、悪化を予防することが大切です。肺気腫の中でも気流閉塞(空気が流れにくい)が認められるとCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断されます。両者は重複する病気であるとも言え、同じ病気であると言うこともできます。ちなみにCOPDには一部の慢性気管支炎患者も含まれるため、慢性気管支炎は肺気腫の合併症として発症しやすいと言えるでしょう。さらに閉塞性疾患として気管支喘息も合併症として注意すべき疾患です。一方で肺気腫の合併症として重要なのは風邪やインフルエンザなどの感染症です。感染症が合併症として発症すると咳や呼吸困難などの症状が悪化する急性増悪を起こしますので、特に秋口などに予防接種を実施して合併症の発症を予防することが重要です。なお肺気腫が悪化すると肺高血圧や肺性心などの循環器系疾患も合併症として発症しやすいと同時に、消化不良や胃潰瘍などの消化器系疾患も合併症として重要視されています。一般に肺気腫になると引き篭もりがちになり、運動不足になるので適度な運動が合併症予防のためにも重要です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP