肺炎を予防する7つの方法

Šî–{ CMYK

今や主要な死因に躍り出た肺炎です。
肺炎を馬鹿にすると?
まさしく命を失います。
常に予防を心掛けましょう。

・肺炎を予防する7つの方法
1.予防接種をする
2.うがいと手洗い
3.栄養バランスを整える
4.適度な運動
5.ストレスを溜めない
6.無理をしない
7.禁煙

では具体的に解説してみましょう。
1.予防接種をする
肺炎の主な原因菌は肺炎球菌です。
肺炎球菌に対する予防接種が現在では推奨されています。
高齢者への優遇措置もあります。
特に冬!
インフルエンザを併発すれば?
まさに命の保証はありません。
高齢者の場合は?
積極的に予防接種をする!
今では肺炎予防に不可欠の対策です。

もちろん予防接種をすれば100%罹らない?
ではありません。
悪化を予防する!
この観点が大切です。
そして常に予防意識を高める!
啓蒙的な意味でも予防接種をする!
極めて重要です。

2.うがいと手洗い
肺炎であっても?
うがいと手洗いが基本的な予防法です。
もちろんうがいと手洗いは気休め?
そんな議論があります。
またいい加減な方法では?
意味なし!
とはいえ費用対効果を考えれば?
これほど有効な感染症予防手段はないでしょう。
家に帰ったら?
まずうがいと手洗い!
室内にいても?
喉が乾燥したら、うがい!
何か作業をした後は?
うがいと手洗い!
その行為自体も重要ですが、予防している!
そういう意識を持つ!
家族全員で注意しあう!
それが大切なのです。

3.栄養バランスを整える
肺炎などの感染症を予防するには?
免疫力を高めることが大切です。
そういう意味では?
栄養バランスを整える!
これが重要です。
絶食系のダイエットは厳禁!
1日3回規則正しく食事をする!
特にビタミンやミネラル分が必要です。
旬の緑黄色野菜や青魚系を摂取しましょう。
また食後には緑茶を飲む!
一方で動物性脂肪は控える!
コーヒーや刺激物、塩分や糖分の利用も抑えましょう。

4.適度な運動
免疫力を高めるには?
適度な運動が不可欠です。
肥満は免疫力を下げる?
そのため適度な運動によって脂肪を燃焼させる!
また運動すると代謝が活発になるので、免疫力が上がる!
風邪や肺炎のウイルスや菌が体内に入ってきても?
遮断できる!
つまり肺炎の予防につながります。

もちろん高齢者なら無理は禁物です。
それでも可能な範囲で?
医師と相談しつつ、ウォーキングや散歩?
毎日少しずつでも続けてみましょう。

5.ストレスを溜めない
ストレスで免疫力が低下する?
多々あることです。
そういう意味では?
ストレスを溜めない!
仕事や対人関係でストレス?
精神的に病んでいると?
ちょっとした風邪が長引きこじれて肺炎になる!
稀ではありません。

病は気から?
まさしく気持ちが落ち込んでいると?
様々な部分がおかしくなる?
消化器系にトラブルが生じれば?
栄養素を吸収消化できないので?
体力も衰える!
よけいに気力も減退する?
悪循環になりがちです。
そのため肺炎を予防するなら?
ストレスを溜めない!
自分に合ったストレス解消法を探して、適時実践しましょう。

6.無理をしない
何事においても無理をしない!
特に高齢者なら?
無理をしない!
風邪をひいたら?
素直に休息する!
風邪から肺炎への移行を予防する!
もちろんストレスや疲れを溜めない!
暴飲暴食も止めましょう。
運動も?
無理をしない!
怪我の元です。
怪我をして寝たきりになった?
気力も衰え回復力も低下する?
こちらも悪循環です。
やらなければならないこと?
案外ないものです。

7.禁煙
肺炎の予防なら?
禁煙です。
肺炎の予防に限らず?
禁煙です。
健康で長生きしたければ?
禁煙です。

以上、日々心掛けてみましょう。
肺炎はちょっとした油断から?
一気に進行します。
特に高齢者の場合は?
本人も気付かない!
周りが注意してあげましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP