胃アトニーを予防する5つの方法

pixta_15618208_M

胃下垂と似た症状として胃アトニーがあります。
胃アトニーとは?
胃の筋肉が緩んでしまい、垂れ下がってしまう症状です。
体調不良の原因にもなるので、予防できたら? 

・胃アトニーを予防する5つの方法
1.暴飲暴食を避ける
2.適度な運動をする
3.ストレスを溜めない
4.姿勢を正す
5.体質を知る

では具体的に解説してみましょう。
1.暴飲暴食を避ける
胃アトニーの原因として?
食べすぎがあるようです。
胃に過度な負担をかける?
若い間であっても好ましいことではありません。
そういう意味でも?
暴飲暴食を避ける!
胃アトニーの予防に役立つでしょう。

なお消化の悪いものも?
胃に長く滞留することになります。
それが理由で重力に負けてしまう!
胃アトニーは治りにくいので、その傾向があるなら?
日頃の食生活に注意しましょう。
また早期発見により早めに対処する!
胃アトニーの悪化予防にもつながります。

2.適度な運動をする
胃アトニーの根本原因は?
胃そしてその周りの筋力が弱いことです。
もちろん胃の筋肉を鍛える?
ボディービルダーでも難しいでしょう。
とはいえ適度な運動をすることにより身体全体を鍛える!
結果として内臓筋を強くすることができます。

一般的に胃アトニーの人は?
ひ弱な人が多い!
体質ではありますが、積極的に筋力を養うようにしましょう。
適度な運動を続けることで代謝力がアップする!
消化も良好になるため、胃アトニーの悪化予防にも貢献してくれるでしょう。

なお単なる腹筋運動は?
胃アトニーの改善に直接役立たないようです。

3.ストレスを溜めない
胃アトニーも様々ですが?
一般的にストレスを溜めない!
悪化予防には重要です。
ストレスが溜まると?
暴飲暴食になる!
これは避けたいパターンです。
胃には多くの神経が集中しているので、精神的なストレスが加わると?
胃が痛くなる!
それと同じように、胃アトニーにとっても良くはありません。

とはいえ胃アトニー自体は?
病気とは言えません。
発見されたとしても?
具体的な治療はできない!
それでも内臓系疾患への移行を予防する意味で?
ストレスを溜めない!
上手くストレスを発散しましょう。

4.姿勢を正す
胃アトニーの人は?
猫背になっている!
猫背だから胃アトニーになる?
どちらが先か?
難しい判断ですが、姿勢を正す!
まずは試してみましょう。

姿勢が悪い?
これは腹筋や背筋が弱っている証拠です。
運動をして筋力をアップする!
姿勢も良くなるでしょう。

猫背だと?
下を向きがちだし、頭も下がってくるので気分も落ち込みやすい?
ストレスも溜まり?
そこから胃アトニー!
悪循環のようです。
気が付いた時に?
直ぐに姿勢を正す!
前を向く習慣を付けましょう。

なお複式呼吸をするなど呼吸を整える!
これも姿勢を正すことにつながり、胃アトニーの悪化予防にも適しているようです。

5.体質を知る
胃アトニーに関しては?
体質!
多々指摘されます。
そういう意味では?
体質を知る!
重要です。
自分の体質を知り、それに合った対応策を考える!

体質なら?
胃アトニーを予防できない?
暴飲暴食を避けたりストレスを溜めない!
適度な運動をしたり姿勢を正す!
体質を知ったからこそ、できることもあります。

以上、日々心掛けてみましょう。
胃アトニーの初期状態は自覚できません。
しかし早期に発見すれば?
悪化を防ぐことは十分に可能です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP