胃切除後症候群を予防する5つの方法

pixta_21018140_M

胃切除後症候群とは?
文字通り!
胃を切除した後に現れる様々な症状のことです。
そんなトラブルは?
是非とも予防したいものです。

・胃切除後症候群を予防する5つの方法

1.胃の病気を予防する
2.早期発見
3.食べ方に注意
4.ストレスを溜めない
5.規則正しい生活
では具体的に解説してみましょう。

1.胃の病気を予防する

胃切除後症候群と呼ぶくらいです。
胃を切除しなければ?
胃切除後症候群に罹りません。
そういう意味では?
胃の病気を予防する!
これが極めて根本的な?
胃切除後症候群の予防法です。
一番は?
胃癌でしょう。
胃癌も早期発見であれば?
切除することもありません。
胃潰瘍も?
慢性化すると危険です。
胃は敏感な臓器です。
しかし相応に労わってあげれば?
一生安定して使い続けられるものです。
定期健診や胃癌検診を受ける!
常に胃の病気を予防するように心掛けましょう。

2.早期発見

とはいえ現実的な胃切除後症候群の予防法は?
早期発見です。
例えば胃切除後症候群は?
胃の切除術後数年経てから現れることもあります。
本人は油断して?
ではないでしょうが、災いは忘れた頃にやってくる!
下痢が続いたり胸焼けがする?
げっぷが多い!
貧血になる?
そんな違和感を覚えたら?
可及的速やかに医師の診察を受けましょう。
胃切除後症候群も早期発見であれば?
確実に対処できるものです。

3.食べ方に注意

胃を切除したので?
食べ方に注意しましょう。
かつてのような食べ方は?
できません。
少しずつ、消化の良い食べ物を摂取するように心掛けましょう。

なお胃切除後症候群としてよくあるのは?
ダンピング症候群と呼ばれるものです。
これは急激に食べ物が小腸に送られ、
急激に消化吸収が始まり、
急激に血糖値が上がってしまう!
すると?
動悸やめまい!
冷や汗?
倦怠感や脱力感に襲われます。
反動で急激な低血糖になれば?
命の危険もあります。
ダンピング症候群を予防するためにも?
食べ方に注意しましょう。

4.ストレスを溜めない

胃切除後症候群は?
それでも胃の話なので、ストレスを溜めない!
これも重要です。
ダンピング症候群は精神面と関係している?
指摘があります。
ストレスにより自律神経系が乱れると?
内臓系のコントロールができなくなるようです。
そういう意味でも?
胃切除後症候群を予防するためには?
ストレスを溜めない!
病後の身体を労わる上でも?
落ち着いて暮らしましょう。

5.規則正しい生活

手術後は普通に暮らせます!
医師に言われます。
しかし普通とは何か?
規則正しい生活です。
暴飲暴食?
ストレス!
喫煙!
それらは普通か?
だから胃を切除することになったのでしょう。
同じ過ちを繰り返さない!
すなわち規則正しい生活をしましょう。
術後数カ月の間は?
1日5~6回に分けた食事!
栄養バランスを考えましょう。
そして十分な睡眠をとる!
疲れやストレスを溜めない!
適度な運動をする!
毎日同じことを続ければ?
胃切除後症候群の予防になります。
身体は?
規則正しい生活を望んでいるのです。

以上、日々心掛けてみましょう。
第一には胃を大切にすることです。
胃が悪いと?
消化吸収も不十分?
体調悪化の根源です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP