脳梗塞を予防する7つの方法

imasia_17254944_M

脳梗塞は、命に直結する病気です。
しかし脳梗塞は?
簡単なことで予防できる病気です。

・脳梗塞を予防する7つの方法
1.前兆を見逃さない
2.生活習慣病を予防する
3.食事に気を付ける
4.運動をする
5.ストレスを溜めない
6.禁煙
7.定期健康診断を受ける

では具体的に解説してみましょう。
1.前兆を見逃さない
脳梗塞には前兆があります。
例えば、ろれつが回らない。片側の手足が麻痺またはしびれる。
目が見えない、見ずらい、ぼやける、二重になる。
形容しがたい頭痛やめまい。
吐き気などなどです。

通常これらの前兆は?
一過性であるため30分程度で治まります。
しかし放置していると?
今度は本番の脳梗塞がやってきます。
そのため前兆を見逃さない!
前兆が現れたら?
落ち着いた後可及的速やかに医療施設で精密検査を受けましょう。
脳梗塞を予防する上では極めて重要です。

2.生活習慣病を予防する
脳梗塞は突然やってくる?
しかし脳梗塞に罹る患者さんのほとんどは?
生活習慣病を伴っています。
お医者さんの指示に従わず生活習慣病を放置していると?
9割9分脳梗塞などの重篤な疾患に襲われます。
特に高血圧や糖尿病には要注意です。
すなわち脳梗塞を予防するには?
基礎疾患である生活習慣病を予防しましょう。

3.食事に気を付ける
脳梗塞の基礎疾患である生活習慣病を予防するためには?
日々の食事に気を付けましょう。
栄養バランスを整えることが重要です。
例えば塩分や糖分を減らす!
動物性脂肪も控えましょう。
一方でビタミンやミネラルが不可欠なので、緑黄色野菜や魚介類などを積極的に摂取しましょう。

ストレス解消が目的でも?
暴飲暴食や偏食は脳梗塞の予防に逆行します。
中年に達すれば?
過度なエネルギーは不要!
故に腹八分!
食事に気を付けましょう。

4.運動をする
摂りすぎた栄養分やエネルギーは?
運動をして消費しましょう。
とはいえ無理は禁物です。
1日10分歩く!
エレベータではなく階段を使う!
座り仕事の合間に立ったりストレッチをする!
これだけでも違ってくるようです。
運動をすることにより代謝能力を高めれば?
血管の状態も改善され脳梗塞の予防に貢献するでしょう。

5.ストレスを溜めない
日頃健康な人でも?
過度なストレスによって脳梗塞や心筋梗塞に見舞われることが稀ではありません。
急激なストレスはホルモンバランスや自律神経系を乱します。
そういう意味でもストレスを溜めない!
心身両面における病気の予防には不可欠です。

自分に合ったストレス解消法を探しましょう。
ちょっと精神的に疲れたな?
そう感じたら?
可及的速やかに対処する!
それすらもやる気が出ない?
心療内科を受診する!
友人と無駄話をするのも有効です。

6.禁煙
改めて言うこともないでしょうが、脳梗塞の予防には禁煙!
脳梗塞に限りませんが、病気の予防には禁煙!
タバコ屋さんの息子でも?
禁煙しましょう。

7.定期健康診断を受ける
脳梗塞の前兆は?
症状として現れなくても?
数値で見えてくる!
つまり定期健康診断を受ける!
そこに脳梗塞を含めた病気の状況が示されています。
脳梗塞などの悲惨な結果を予防したければ?
定期健康診断を受ける!
その結果を元に医師と相談する!
可及的速やかに適切な対処法を採りましょう。
もちろん数値に異常がなくても?
油断は禁物です。
正常値の範囲を維持する!
この努力を続けましょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
脳梗塞に罹れば?
本人も辛いし家族も辛い!
一命を取り留めても?
辛いリハビリが待っています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP