自分の歯が無い時

若者であっても歯は大切です。
時に乳歯が生え変わらず大人になるまで残ったり、永久歯が変な場所に生えたりするなど、抜歯が必要になるケースもありますが、できることならば抜歯を控え、将来的に自分の歯が無い!状態は避けたいものです。
一方で歳を重ねるにしたがい歯周病などにより抜歯することは避けられませんが、自分の歯が無い状態に陥った場合、インプラントが有効な治療方法になります。
もちろん入れ歯や差し歯など歯科治療の方法は多岐に渡りますが、自分の歯が無いと発音の問題が生じたり、味が感じられなくなるなどのデメリットが少なくありません。
なおインプラントは健康保険が使えないので治療費が高額になったり、治療期間が長いなどのマイナス面もありますが、インプラントは耐久性に優れ半永久的に使えると同時に、様々な種類の材質から造ることができるため、差し歯や入れ歯とは異なり自然な仕上がりになる点が評価されており、インプラントを使うことにより自分の歯が無いと感じることは少ないとも言われています。
ちなみにインプラントは、顎の骨にチタンなどでできた人工歯根を植え付ける治療法なので、自分の歯が無いケースで適用する歯科治療のひとつです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP