自宅での場合には

自宅分娩や、助産院での分娩を希望される方もいらっしゃいますね。

自宅での出産は、慣れた環境での出産であり、家族と一緒に出産できるというメリットがあります。
ただ、デメリットもいくつかあるので十分な注意が必要です。

まず、産院での出産とは異なり、検診も分娩も助産師さんにお世話になることになります。
助産師さんは、医療行為を行うことはできません。
ですから、あくまで妊娠経過が順調で、正常分娩が十分に見込まれる場合にしか自宅分娩はできません。

もし、妊娠中の経過観察で異常が見られたりする場合には、産院へ転院しなければなりません。
また、万が一出産中にトラブルが合った場合には、そこから病院へ搬送しなければなりませんから、ある程度のリスクは覚悟しておかなければなりません。
さらに、その搬送の要不要の判断も助産師さんに委ねられていますから、助産師さんの力量も問われるところです。

経過観察と助産師さんの情報とをよく見極めた上で、自宅分娩を決めなければ、母子を危険にさらしてしまう可能性は十分にあるのです。
これは、助産院での出産も同様です。

もちろん、リスクをよく知った上で自宅分娩を選ぶことは悪いことではありません。
幸せな出産をされている方もたくさんいらっしゃいます。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP