あああ

自然に治るの?

人間の体は成長に伴い変化していきます。特に20歳までの成長期の変化は著しいものがあります。傷口や頭痛が自然に治るように、人間の体の不都合な部分は自然に治るようにできています。一方で男の子のペニスは、生まれた時は先端部である亀頭が包皮で包まれた状態、いわゆる包茎状態が一般的です。時に中途半端な知識がある若いお母さんが息子の包茎を心配して包皮をむこうとしますが、これは危険なので注意しましょう。子供時代の包茎は自然に治る、つまり当たり前の状態なのです。そのため乳幼児の体にあまり神経過敏になる必要はなく、不安な場合は医師に相談して適切な診断を受けることが大切です。なお仮性包茎やカントン包茎のケースは思春期になると心配しがちですが、この場合も自分で適切に処置することにより自然に治るケースが多いので、あまり心配しすぎない方がよいでしょう。ただし20歳を過ぎても包茎の場合、また真性包茎のケースは自然に治ることは稀ですので、一度医療施設を受診することをお奨めします。自分の体であってもわからないことだらけですが、最も危険なことは間違った噂に流されることですのでご注意ください。

関連記事

  1. 包茎手術は入院の必要がない
  2. 妊娠しても生理は来る?
  3. disabled people care help flat icons set 精神障害者、保健福祉手帳の所持
  4. 生理とは違う出血があったら
  5. pixta_15432338_M トライアル雇用とは
  6. 民間企業の障害者求人に着目
  7. 月経障害とは
  8. 根部切除法とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP