花粉症が多い県

日本で花粉症の代表的な原因はスギ花粉です。
スギは基本的に北海道や沖縄を除く全国各地に生息しています。
北海道は気候区分的にスギが育ちにくいのでスギ花粉症はありませんが、その代わりシラカバによる花粉症があります。
また、イネ科牧草のカモガヤによる花粉症があります。
一方、沖縄もスギが生息していないためスギ花粉症は少ないとされていますが、モクマオウと呼ばれる樹木や野草類による花粉症があるとされています。
このように日本中至る所に花粉症の可能性があり、多い県、少ない県などと一概には言えないようです。
ちなみにある調査によれば、山梨や長野県などの甲信地方、静岡や三重などの東海地方などはスギ花粉症患者の割合が多い県とされています。
ただし、スギが多く生えているから花粉症になりやすく、生えていないから花粉症にならないという単純なものでもありません。
花粉症はスギ花粉に自動車などの排気ガス(ディーゼルや微粒子)などが結びついて悪影響を起こすとされていますが、明確なメカニズムはまだよくわかっていません。
そのため首都圏などは花粉症の多い県とされています。
花粉症の患者さんにとっては花粉症の多い県から脱出したいとお考えでしょうが、現実は厳しいようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP