花粉症を防ぐには

花粉症は、花粉によって誘発されるアレルギー反応の総称です。
日本では近年国民病ともなったスギ花粉により起きる鼻水、鼻づまり、くしゃみ、涙、充血などの各種アレルギー症状を指します。
様々な統計がありますが、日本人の1割程度が花粉症患者だとされています。
アレルギーは生体防御反応の一種であり、自分と異なる敵、特にたんぱく質が体内に入ることを拒否する反応です。
食品アレルギーもその食品に含まれているたんぱく質が原因です。
つまりスギ花粉のたんぱく質が鼻やのど、目などから入ると体が過敏に反応してその侵入を防ぐためにくしゃみ、咳、涙などで対処するのです。
風邪を引いた時などに咳止めの薬や解熱剤を飲むことがありますが、本来、咳は体内に入る異物を除去する反応であり発熱は体内で細菌やウイルスを殺すための反応なので、体力消耗を抑えるため以外には、安易に薬を使わない方が望ましいのです。
花粉症においても同様であり、花粉症に対しては現在様々な抗アレルギー薬が開発されていますが、基本的にはアレルギーの原因になるアレルゲンを近づけないことが第一の予防、治療方法であり、安易な薬の使用は、花粉症以外の疾患に対する抵抗力を低下させる可能性があるので望ましいとはいえません。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP