若い間から5つの方法で妊娠しやすい身体を築こう

a2f978853d09c15554597f830a28c688_s

少子化の原因は、様々なところにあります。
もちろん女性に責任を押し付けてはいけません。
とはいえ妊娠しにくい身体になっている女性も多いようです。
日頃の生活が大きく関係しているみたいですよ。
若い時から油断せず、妊娠しやすい身体を築きましょう。

不妊に陥りやすい生活習慣とは

女性の身体は、本来であれば妊娠しやすくなっています。
ホルモンが分泌されることにより病気を予防する仕組みもあります。
とはいえ自ら窮地に追いやっている?パターンも少なくありません。
例えば、喫煙暴飲暴食無理なダイエットなども不妊を助長します。
一方で栄養が足りていない?特に葉酸カルシウムが重要です。
さらに運動不足だと筋肉量が不足したり血流が悪くなります。
すると冷え性になります。正常な事態ではありません。
どれかがひとつでもあれば、早めに修正しておきましょう。

妊娠しやすい身体を築くには

女性も社会で活躍しなければなりません。
そうすると体調管理も難しくなるようです。
とはいえ将来的に子供が欲しいなら、
若い間から、心掛けておくことがありますよ。

1 老化を予防しましょう

年齢を取り戻すことはできません。
実際のデータとして、35歳を過ぎると、
流産する確率が急騰し、妊娠率が低下します。
いわゆる生殖器官における老化です。
最新のデータによれば、女性の初産年齢は30.6歳とか。
そろそろ危ない境界に近づいているようです。
社会の進化に身体の変化が追いつけません。
とはいえ肉体的な老化は予防できますよ。
日々栄養バランスのとれた食事をして、
適度な日光浴と運動が、若さを保ちます。

根本的な衰えをカバーしてくれるでしょう。
もちろんプチ整形では意味がありません。

2 月経周期を安定させよう

過度なダイエットは様々なリスクを生みます。
一番の問題点は月経周期が乱れることです。
無月経状態があれば、危険です。
ホルモンバランスを整えましょう。
これは自律神経系も関係しています。
つまりストレスを溜めない!
活躍するならしかたないかもしれませんが、
リラックスできる時間と空間を確保しましょう。
健康な赤ちゃんを産み、育てるためにも
月経周期を安定させることが不可欠です

3 婦人病に気をつけよう

不妊を導く原因には婦人病もあります。
子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう種は稀ではありません。
生理痛が重かったり、下腹部に違和感があれば、
早めに婦人科を受診しましょう。
もちろん日常的な腹痛や腰痛も油断してはいけません。
なお子宮頸がんや乳がんは、30歳代でもありますよ。
定期健康診断を必ず受けましょう。
早期発見であれば、まだまだ回復の余地はあります。

4 生活習慣病対策を心掛けよう

痩せも問題ですが、肥満も心配です。
生活習慣病対策を心掛けましょう。
暴飲暴食は厳に慎むべきです。
女性にありがちなのは、摂食障害です。
拒食症、食べては吐く!逆に過食症など。
根本にあるストレスを緩和させましょう。
一方で妊娠すると糖尿病や高血圧になりがちです。
元々その傾向があれば、悪化しやすいですよ。
糖尿病やバセドウ病が排卵障害を起こしていた!
生活習慣病は万病の元です。油断できません。

5 服用薬にも注意すべし

妊娠すると、不用意に薬を服用できません。
反対に、薬が原因で妊娠できない?
例えば胃薬の副作用で着床障害に陥る!
また鎮痛剤が原因で妊娠しにくくなるようです。
つまり薬の成分が、正常な生体反応も抑えてしまう!
可能性が示唆されています。

そのため長期間服用している薬があれば、
医師または薬剤師と相談して、
頭痛などの根本的な治療を始めましょう。

不妊治療の成功率は2割です

最後は不妊治療がある?安易に考えてはいけません。
実際のところ、不妊治療の成功率は2割とか。
意外と成功していません。
国や自治体による助成制度もありますが、
経済的にも厳しいですよ。
精神面でも追い詰められるので、
あまりお奨めの方法ではないようです。

体質は変えられます

妊娠しない原因には、体質的な問題もあるのでしょう。
しかし体質は、若い間なら変えられます。
30歳を越える前に、できることをしておきましょう。
人それぞれ生き方はあるでしょうが、
中高生の間から将来計画を企てるのがベストです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP