あああ

薬剤療法について

様々な情報を得るに従い、自分の包茎は大丈夫か?思春期であれば特に思うものですが、真性包茎やカントン包茎など危険なケースでなければ自然に治ったり、自分で包皮を剥いて包茎を解消することができるので、過度に心配すべきではないでしょう。とはいえ仮性包茎が気になる場合には薬物療法を受けてみるのも一考です。包茎の薬物療法といっても飲み薬で解消するというものではなく、亀頭にコラーゲンなどの薬物を注入して大きくすることにより、相対的に包皮の長さを縮め、剥けた状態に見せる方法です。これは包茎のみならず、ペニスが小さいというコンプレックスを持った?人に実施する亀頭増大法と同じことです。そのため包茎の薬物療法は、軽度の仮性包茎にしか適用できないことになりますのでご注意ください。時にクリニックで薬物療法を安易に奨められるケースがありますが、甘い言葉に流されないように、他の包茎手術に際しても、費用、手術の痛みや経過、術後のケアやリスクなどについて充分なカウンセリングを受け、納得した上でお願いするようにしましょう。もちろん医療ミスはご法度でしょうが、何があっても自分の責任!として覚悟を決めて薬物療法を含めた包茎治療を考えましょう。

関連記事

  1. pixta_10705914_M シンボルマークとは
  2. 包茎埋没法とは
  3. business and office concept - screaming businesswoman in eyeglasses with megaphone 精神障害者の実態
  4. 亀頭下切除法とは
  5. 包茎根部接着法とは
  6. imasia_5081884_M がん登録センターがスタートする3つの意義は
  7. 日本人は人口率が原因?
  8. 生理における成熟期とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP