虫歯を予防する5つの方法

imasia_5954293_M

小学生の虫歯が減った?
嬉しい報告もあるようです。
しかし大人になって虫歯は恥ずかしい?
歯医者さんが怖い!
ならば?
虫歯を予防しましょう。

・虫歯を予防する5つの方法
1.歯を磨く
2.砂糖を控える
3.ガムを噛む
4.口移しをしない
5.定期健診を受ける

では具体的に解説してみましょう。
1.歯を磨く
虫歯予防の第一は?
歯を磨くことです。
これに勝る虫歯の予防法はありません。
これだけで良いくらいですが?
歯の磨き方も重要です。
ゴシゴシ力任せにすると?
歯や歯茎を傷め、そこから虫歯や歯周病になる危険があります。
また研磨剤が含まれている歯磨き粉も心配です。
一方でフッ素やキシリトールが入っている歯磨き粉は?
歯を強化して虫歯予防になります。

ちなみに食後直ぐではなく、約30分経ってから歯を磨く?
食後は食べ物の酸で歯が弱っている?
歯の自己修復力を待ってから磨くと効果的!
昨今は指摘されているので、参考にしてみましょう。

2.砂糖を控える
虫歯菌のエサは?
砂糖!
デンプンも唾液で分解されて糖分になり、これが虫歯を助長する!
一説によれば?
肉食動物に虫歯はない!
肉食が中心の民族は?
歯を磨かないけど虫歯にならない!
事例が多々あります。
日本人は伝統的にデンプンが主食!
スイーツも好き?

とはいえ砂糖は脳に対する唯一のエネルギー源!
砂糖を目の敵にしてはいけませんが、砂糖を控える!
それだけでも、虫歯予防には?
貢献するようです。

3.ガムを噛む
ガムを噛んで唾液を分泌させる!
唾液には殺菌力があります。
唾液が多く出る人は?
虫歯が少ない!
報告があります。

日頃から口で呼吸する癖のある人?
口内が乾燥して虫歯になる!
ならばガムを噛む!
唾液で口内を満たしていれば?
虫歯菌の繁殖を抑えられるようです。
昨今は砂糖を含まずキシリトール入りのガムが多々売られています。
これらを定期的に利用すれば?
虫歯予防に最適です。

4.口移しをしない
生まれたての赤ちゃんには虫歯菌がいない!
ではいつ虫歯菌が入るか?
親と同じスプーンや箸を使う?
それで伝染するようです。
お母さんが噛んで柔らかくした食べ物を与える?
基本的に口移しをしない!
虫歯予防なら避けたいことです。

そういう意味では?
親の虫歯を治す!
これが第一です。
子供に対するお手本になるでしょう。

とはいえ虫歯菌がいても虫歯にならない?
免疫力も重要です。
さらにキシリトールなどで歯を強くする!
総合的に考えましょう。

5.定期健診を受ける
歯の定期健診を受ける!
これも虫歯予防には不可欠です。
可能ならば3カ月に1回程度のペースで定期健診を受ける!
最低でも1年に1回は歯医者でチェックしてもらいましょう。

もちろん歯の健診は?
治療ではありません。
そのため健康保険が使えません。
故に全額自己負担!
お金がもったいない?
しかし定期健診を受けて安心する!
適切な歯磨き方法や注意点を教えてもらう!
かかりつけの歯医者を探す!
様々なトラブルを予防する意味でも?
定期的に何かをすることが重要です。

以上、日々心掛けてみましょう。
虫歯になれば食事が上手くできない?
そこから老化や他の病気が一気に進んでしまいます。
虫歯も万病の源です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP