虫歯治療について

老若男女を問わず歯は大切です。若い時から歯磨きに努めるなど歯を守らないと、中高年以降に苦労します。
歯がなければ食事も満足にできないので病気に罹りやすかったり、そもそもかみ合わせの悪さが肩こりや頭痛の原因であることも少なくないので、日頃から虫歯予防を含めた歯のメンテナンスに励みましょう。とはいえ最終兵器?のインプラントがあるから大丈夫!と考える人もいますが、インプラントにも賛否両論あり、基本的に顎の骨の関係からインプラントが適用できない人がいるので、小さい頃から顎を鍛える!ことが重要なようです。
つまり昨今のように歯ごたえのない柔らかいものばかり食べていると、いろいろな部分に影響があるのです。
なおインプラントのお世話となる理由に虫歯!がありますが、意外にも虫歯より歯周病によって歯が抜けてしまう事例が多いようです。
かつては虫歯になると抜きましょう!という歯科医が一般的でしたが、近年における虫歯治療の傾向は極力自分の歯を残す!ことにあり、本当に最後の手段としてインプラントを選択することになります。
ちなみにインプラント自体は虫歯にならず半永久的に使えますが、それを支える歯茎のケアは常に不可欠です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP